旅は、千葉県九十九里海岸の北端に位置する蓮沼海岸をスタートとした。景色は、まだ穏やかで、普段は見落としてしまいそうな元禄大地震の時の津波到達高の表示が今は目に入ってくる。取り片づけられた瓦礫が生々しい。旭市に入ると家が間引きで櫛の歯が抜けるように無くなっているのに気づいた。何故かと言うと、残った家には傷さえ見つからないのだ。海側を見てみると堤防と波消しブロックが見えるが、被災した家と無傷の家との位置関係が判然としない。防波堤や波消しブロックの前の家が無くなっていたり、何もない家が無傷だったりするためで、防災にとっては研究の価値があるのではないかと思われた。屛風ヶ浦は標高があるので津波の痕跡も地震の痕跡も見られない。犬吠埼は地震尾影響か目には見ないけれども亀裂でも入ってのか立ち入り禁止の個所がテープで隔離されていた。銚子大橋を渡り茨城県に入る。大洗港では、津波で打ち上げられたと思われる小型船舶が散見される。鹿島工業地帯は、埋め立てのせいか道路が洗濯板のように畝って地震波を記録したようだ。千葉県の浦安のような液状化とは違い緩やかな液状化が発生したのだろうか?東海村を通過した時は緊張したが別に何らの問題や異常はみられなかった。やがて福島県に入ると原発事故の影響で海岸線を行くことができなくなり、第二原発の手前を内陸に避難区域を迂回することとなった」。避難区域を車窓に眺めて進むのだけれど、人の気配が感じられないという恐ろしい経験をした。どのように、説明すれば分かってもらえるのだろうか?音が無い・・静か・・と言うようなものでは無い。人の呼吸が伝わってこない・人が吐き出す二酸化炭素の臭いがしない恐ろしさと言っても分かってもらえないと思う。しないこの旅は高速道路などを使用しないでなるべく海に近い道を走ることを一つの目的としたので、カーナビを多用した。しかし、災害のために通行止めや代替の道が指示されることは、日常茶飯事であった。この時、ホンダ車のカーナビの軌跡が公表されていて非常に役に立った。当時は、ビッグデータなどという言葉はなかったが、インターネットで検索すればある程度、行動の予定が立てられたのはありがたかった。福島のホテルで明日の走行予定を予習する。福島は、ほぼ内陸を走り、相馬に出て災害の大きさを目のあたりにした。相馬では、窃盗団と出くわした。自動販売機のお金の箱(入金をためる・釣銭を入れておく)が販売機を切断して取り出されたものが沢山転がっていた。また、地震や津波で倒壊した家は全く無防備でやりたほうだいという感じだった。怪しい一団の遭遇した時は、カメラを持っていたので生命の危険を感じた。彼らは、日本語でない言葉を話していた。宮城県に入ると被害は一段と大きくなった。福島県は内陸を走ったので被害状況が確認できていないことが解かるのは避難が解除されてからのことである。宮城県では東松山市、特に仙台空港の近辺の被災状況が今でもフラッシュバックしてくる。飛行場は形が残っていたが周りは何も残っていないというようなひどい状態であった。海が見えない・・でも、被害は津波。津波の猛威と破壊力は、恐ろしい。